英語教材の活用 -第五回コラム-

多くの企業が求める人材の1つに、英語を話せる人をという人材があります。

これは多くの企業がグローバル化を目指し、国内だけでなく国外に進出するためや、海外の人材を積極的にとるために英語を話せる人材を求めているのです。

企業によっては、会社内話す言葉を英語にするところもあるほど英語は重要視されています。

今までは、中学校から始まっていた英語の必修科目も現在は小学校高学年から始まっています。

そこで、最近は幼い頃から英語を勉強している子どもたちが増えています。

幼稚園や保育園で英語を勉強したり、英会話教室や家庭教師をつけて勉強している家庭もあるようです。

英語を学ぶうえで最も大切と言われているのが、自然に英語に触れることができる環境です。

お母さんと一緒に楽しく英語を使って遊ぶことで、子どもが自然と英語を覚え、英語を楽しいと思うようになるのです。

そこで、家庭で楽しく英語に触れるために英語教材の活用がおすすめです。

英語教材と聞くと、単語帳、英語の文章が載っている教科書を思い浮かべるかもしれませんが、それでは子どもたちが楽しく英語に触れることができず、英語が嫌いになってしまいます。

幼児や小学校低学年におすすめの英語教材は、かわいい絵と英語の単語が載っている絵本や、英語を使って遊ぶゲームです。

お母さんと一緒に絵本を見たり、ゲームを行うことで子どもたちはどんどん英語が好きになり、自然と英語力がつくのです。

子どもたちが楽しく英語に興味を持てるようなかわいい英語教材や、楽しい英語教材を子どもと一緒に探してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ