家庭英語 -第四回コラム-

多くの企業ではグローバル化するためにも英語に力を入れています。

そのため帰国子女の方や、外国人の方が企業に就職しています。

また、TOEICといった英語がどれほどできるかのテストで点数の良い方を優先され就職が決まったりと、国際化に対応できる人材を求めているのです。

小学校から英語が必修科目になった背景もあり、子どもの頃から英語を学んでいる子どもたちが多くいます。

つまり幼いときにどれだけ英語を勉強しているかで、将来が変わると言っても過言ではないのです。

そこで、幼い子どもに英語の勉強を行っている家庭が増えています。

しかし、どのように家庭で英語を勉強すると良いのでしょうか。

最近増えてきたのは英語の家庭教師です。

これは小学校で英語が必修科目になったことから、週に1回から2回ほど家庭教師に来てもらい勉強しているようです。

では小学校以下の子どもにはどのように家庭で英語を学ぶと良いのでしょうか。

それは、親も一緒に子どもと英語を楽しみながら触れ合うということです、

英語の曲を聴き一緒に歌ったり、かわいい絵を見ながら英語を覚えたりと家庭の中に英語を組み込んでいくと良いでしょう。

自然と英語に触れることで、英語を聞き取ることができるようになったり、発音ができるようになったりすることができるようになるようです。

家庭で使える英語の教材や、子どもが楽しめて英語の興味のもてる絵本など数多くあるので、わが子の将来を考えるのであれば、少しでも家庭で英語に触れることができる環境を整えてみると良いでしょう。

このページの先頭へ