英語の周波数 -第三回コラム-

日本語と英語では周波が違うのを皆さん知っているでしょうか。

言語には、それぞれよく使われる周波数があるのです。

私たちの母国語である日本語は低周波、そして英語は高周波を良く使う言語となります。

英語の文法や単語を覚えて文章を書くことは得意で英語のテストの点数が良かった人も、英語を聞き取ったり発音したりすることが苦手な方はいなかったでしょうか。

これは、毎日使い聞いている日本語が低周波なため、日本人の耳は低周波に慣れているのです。

そのため、英語の高周波が聞き取りにくく苦手な方が多いと考えられています。

そこで、幼い頃から英語を自然と聞くことで、英語の高周波に自然と耳を慣らすことが大変重要と言われています。

特に0歳から2歳にかけては、大人と比較すると大変聴覚がするどい年齢と言われており、低周波から高周波といった幅広い周波の領域に対応することができるのです。

大人になって高周波の英語を耳で覚えることは大変時間がかかりますが、子どものときから英語を耳にすることで高周波の音を聞き取ることができる耳をもつことができるのです。

では、高周波の英語を聞き取ることができる耳を育てるにはどのようにすると良いのでしょうか。

実はそんなに難しいことではありません。

意味などは分からなくて良いので、ネイティブな英語を聞かせたり、英語の歌を聞かせたりすると良いのです。

幼いときから英語に触れることで、自然と英語を聞き取ることができる耳を持てるようになるのです。

このページの先頭へ