英語を学ぶ -第二回コラム-

今まで中学校や高校で行われてきた英語の勉強はテストや受験のための英語であったため、単語や文法を覚えることが中心で、生活の中で英語を活かすといった内容ではありませんでした。

そのため、多くの日本人は英語を読んだり書いたりはできるのですが、話したり聞いたりするのが苦手でコミュニケーションをとることが苦手なのです。

そこで、最近は幼いころから英語に触れることで、自然と英語を使ったコミュニケーションができるようになるように英語を勉強している家庭が多くあるようです。

幼い頃から英語を学ぶにはさまざまな方法があります。

例えば、保育園や幼稚園で英語を学ぶことができるところがあります。

外国人の先生がいることで、保育園や幼稚園の中の生活で自然と英語にふれることができるのが特徴です。

英語が苦手なお父さんやお母さんにとってはうれしい環境ではないでしょうか。

その他には、英語の家庭教師や英会話教室といった習い事で英語を学んでいる家庭もあります。

これらも、英語が苦手なお父さんお母さんにとって子どもに英語を教えるのには良い環境です。

しかし、これらの環境はお金もかかりますし、子どもが英語を好きでないと続かないかもしれません。

そこで、おすすめの英語の学び方は、お母さんもお父さんも英語が苦手でも良いので、子どもと一緒に英語の絵本を一緒に読んだり、英語を使ったゲームをしたり、英語の曲を聴いて歌ったりすることです。

お父さんやお母さんと一緒に楽しむことが、子どもにとっては英語を楽しんで学ぶ環境なのかもしれませんね。

このページの先頭へ