子供の英語学習法 -第一回コラム-

小学校の授業でも英語が始まり、幼い頃から英語に触れるようにしている家庭が多くあるようです。

子どもの頃から英語を学習するためには様々なポイントがあるようです。

多くの家庭で行われていることは、英語に興味を持てるような環境にすることのようです。

例えば、トイレの壁にアルファベットのポスターを貼ったり、英語の音楽を聴いたり、会話の中に英語を取り入れたりと日常生活の中に英語を取り入れてみると良いでしょう。

日常の生活の中に英語を取り入れることで、自然と英語を見たり聞いたりすることができ、子どもたちも自然と覚えていきます。

また、その他の英語を学習法のポイントとして、テキストで読み書きをしたり、教科書を見ながら文章を覚えたりといったいわゆる勉強をするのではなく、遊びなどから楽しく勉強することが大切です。

英語は大切といった親の考えが先行して勉強を強制してしまうと、子どもたちも英語を勉強と思ってしまい、だんだんと嫌になってしまうようです。

しかし、親も一緒に楽しく日常生活や遊びの中で英語に触れることや、楽しく勉強することで子どもたちは自然と英語を覚えていくのです。

このように楽しく英語に触れるには、英語勉強を楽しくできる教材がおすすめです。

例えば、かわいい絵とその絵の単語が書いてある本や、アルファベットにかるたで遊んだり、アルファベットや英語の歌を聴いたり歌ったりと楽しく勉強できる教材はたくさんあります。

ぜひ子どもと一緒に選んで、親も一緒に楽しく英語を学習してみてください

このページの先頭へ