子供英会話教室について -第七回コラム-

英会話教室と言うと今までは、社会人の方が多く参加しているといった印象がなかったでしょうか。

しかし、英会話は最近社会人の方ではなく子どもたちが多く参加しています。

多くの子ども英会話教室は、年齢や学年によってクラスが分かれており、発育に合わせた学習が行えます。

英会話教室によっては生後9か月から英会話教室を習うことができるスクールもあります。

幼い頃から英語の歌を聴くことやあいさつをすることで、英語を聴き理解することができる耳と脳を成長させることができるようです。

3歳以上からは友達と一緒に英語を楽しむことで、英語をどんどん好きになるカリキュラムが準備されています。

例えば、英語の曲を聴きながら踊ったり、絵のついたカードを見て英語で答えるクイズをしたりと楽しく英語を学んでいきます。

小学生の年齢になってくると、単語だけでなく、かるたのような読んだ文章の内容のカードを選ぶゲームや、子どもたちが言葉を身に付けるために、何度も何度も同じ言葉を繰り返し聞き使いこなすまで練習をします。

小学校の高学年になると、教科書のような教材を使って学んだり、聞いた英語を文章にしたりする内容へんと変化していきます。

ここまでできると、中学校英語が簡単に思えるようになるかもしれません。

中学生の年齢クラスになると、英語を楽しみながらも本物の英語力が身に付くよう文法や単語を学びながら、コミュニケーションも練習していきます。

子ども英会話教室は、教材費も含めると月額5000円から10000円ほどになるところが多いようです。

少しお金はかかりますが、確実に英語力を年齢に合わせて伸ばすことができるのが特徴です。

将来、生活や仕事に生かすことができる英語を確実に学ぶことができるのが子ども英会話教室なのです。

このページの先頭へ