英語で遊ぼう -第六回コラム-

最近は、多くの企業が求める人材に英語を話せる人という条件があるようです。

これは多くの日本の企業が、海外進出を考えグローバル化を意識しているからでしょう。

そこで、子どもには英語のことが得意になって将来英語を話せるようになってほしいという両親はたくさんいるのではないでしょうか。

ただ単語を覚えたり文法などを学んだりといった英語の勉強をしていても、英語を好きにならずに英語を得意にならないかもしれません。

では、どのような勉強をすると子どもたちは英語を学ぶのでしょうか。

英語を勉強する、学ぶというスタンスでいると、どうしても英語が嫌になってしまう子どもが多くいます。

みなさんも勉強はあまり好きではなかったのではないでしょうか。

しかし、得意な教科であれば勉強することが嫌ではなかったのではないでしょうか。

そこで、子どもの頃は英語を勉強するのではなく、英語で遊ぶことが大切です。

英語を用いて遊ぶことで、幼い頃から英語は楽しいものであるという印象を持てるようになると良いでしょう。

子どもの頃から英語で遊んだり、英語に触れる環境であったりすることが結局英語を好きになることへとつながり、大人になったとき英語への得意意識を強めてくれます。

子どもの頃から英語で遊ぶには、子どもの興味をひくような英語教材を用いると良いでしょう。

また、その教材を用いて子ども一人で遊ぶのではなく、両親も一緒に遊ぶことで、子どもは英語をより好きになるでしょう。

このページの先頭へ