英語を学ぼう

小学生の英語教育が始まり、多くの小学生用英語教材が発売されています。

国際化社会になり英語の需要も高まっています。
企業の公用語を英語にしている企業もありますね。

幼児期・児童期の英語教育が必要なのもよくわかります^^。

さて、小学生の英語教材はどのような教材が一番良いのでしょうか??

学年・学力・環境などによりもちろん異なりますが、いくつかポイントを挙げてみたいと思います。


★持続して取り組める教材
せっかく購入した教材でも持続して取り組めなければもったいないですね。
興味のある題材・内容の教材や構成を工夫してある教材などを選びましょう。


★レベルに合った教材
初めて英語に触れる子供と、ある程度英語を学習した子供では学習到達度が違います。
教材・コースなど、その子供のレベルに合った教材選びを心がけ、徐々にレベルアップしていきましょう。


★楽しく学べる教材
特に低学年は英語に触れることが楽しくなるような教材が良いのではないでしょうか。
歌やリズムなどで学ぶ教材、キャラクターと一緒に学ぶ教材など、遊びながら英語に触れることができる教材もたくさんあります。


★目標に合っている教材
それぞれの目標・目的に合っている教材を選ぶこと。
英検合格を目指しているのであれば英検対策の教材やコースを選んだり、まずは英語に触れたいのであれば、遊びながら学べる教材など、それぞれの目標に合わせ選んでいきましょう。


★教材量
教材の量は決して多ければよいというものではありません。
学校の宿題、塾や家庭教師、他教材などに取り組み時間もありますので、
実際に学習することができるかしっかり考えましょう。
あれもこれもになりすぎないようにしていきましょう。


★金額
教材を購入するに当たり教材の金額も重要でしょう。
子供がしっかり取り組め、英語が身につくのであれば、高額であっても必要出費ですし、逆に高額の教材を購入しても全く興味がなく学習しなければ無駄になってしまいます。
高額教材を購入する場合はサンプルや体験版などを利用し、購入してもしっかり取り組んでいけるかをじっくり考えましょう。


他にもそれぞれポイントがあると思いますので、まずはじっくり検討することが大切です。

サンプルや資料が取り寄せられるのであればまずはとりよ出たうえで比較検討しても良いと思います。

子供に合った教材選びを心がけていきたいですね。

このページの先頭へ